車の買取をお願いしようとして詐欺の被害に遭うこと

ネットで業者に車の査定を申し込もうとする際、電

車の買取をお願いしようとして詐欺の被害に遭うこともあるので注意しましょう。


比較的高めの査定金額で客を釣って契約を結ばせ、あれこれと理由を付けてそれよりも大幅に低い額での買取を強要してきます。


そんな金額では買取には出せないと言うと、今は車はここにはないなどと言い、運送料や保管料などの名目をでっち上げて支払いを求める手口も報告されています。業者が車を引き取ったあとでいつまでたっても代金が振り込まれないという詐欺もあります。
実用品ですから仕方がないとはいえ、ボディの擦り傷やへこみ等も中古車の売却査定の際にかならずチェックされるはずです。


誰が見てもわかるような目立つ傷は査定としては減点になるものの、言われて初めて気づくような薄いキズ等はあまり査定には影響しないようです。いざ査定となると今まで気にならなかったへこみや小傷までもが目についてくるものですが、仮に修繕に出しても修理屋が身内価格でやってくれない限り、査定アップで修理代をまかなえる可能性は「十中八九ない」と断言できます。個人と業者では修理コストが違うのですから当然です。


買取対象の車を直接見て査定してもらうためには、店舗まで車を持っていく以外に、業者に訪問査定に来てもらうという方法も選ぶことができます。たいていの業者というのは契約の有無にかかわらず無料で査定に来てくれます。

ですから同じ日に何社かに来てもらい、同日中に各社の見積額を出させることも可能です。

一社に持ち込む時と違って業者も出来る限りの高値を出してくるので、査定額が全体的に高くなる傾向があります。
延べ走行距離が10万キロ近いかそれ以上の車は、俗に「過走行車」と言われます。中古カーセンサーの車一括査定業者に査定に来てもらっても値段がつけられないなどというケースも多いです。

リスクがあるから値段がつかないという点では事故車と同じ扱いです。こうした車は普通の中古車と同じ売り方をせず、事故車や多走行、過走行の車の取扱いを専門的に行っている業者に相談するという手があります。もしくは買取りはあきらめて、ディーラーでの買い替え時に下取りに出せば、「今後のお客様」相手ですから、それなりの価格を提示してくれるでしょう。

売却先を決める前に複数の会社に査定してもらうことは、中古車屋に車を高く買い取ってもらうためのセオリーだといわれています。しかし「多くの業者」と言っても具体的な数となると、10社頼んで成功した人もいれば2社で充分だったという人もいて、ケースバイケースです。そもそも複数の会社に依頼する意味は、市場価値を把握して安く売却するのを避けるということと、各社に競争させ買取価格の底上げを促すためのものです。これらの点を踏まえれば、2、3社でも十数社でも問題ないのですが、査定額には有効期限があるので長期化は禁物です。車を査定する際には車の所有者が必ずその場にいなければいけないとする約束を設けている業者はいないと思いますが、いなかったがために起こりうる不快なトラブルを回避すべく、夜間査定に対応する業者を探すなどして、査定時は本人不在の状況を作らないようにしましょう。


トラブルの例としては、車のことがわかる人がいないのに乗じてこっそりキズをつけて不当な安値で買おうとする業者もいるようです。安全で安心な低い燃費の車を探しているならトヨタのプリウスがおススメです。プリウスは言うまでもなく有名な、TOYOTAによる低燃費車です。
ハイブリッドの王様とも言える自動車です。
プリウスは美しさも一つの特徴です。



人間工学に則って、空気抵抗の流れを計りデザインされていて、おススメなのです。買い取り業者の実車査定では車のメーカー、車種だけ見るのではなく、車検証に記載された内容から、年式、グレード、カラーの情報を取得することも当たり前のこととなっています。

それに、車の動作チェックをはじめ、細かい機器の動きや足まわりを含めた外装のチェックも行われ、もちろんエンジンルームの点検も必要ですから、そうしてみると、査定そのものに必要とされる時間は大体15分から30分程度は見ておくべきでしょう。車を買取に出す際の流れというと、まずWEB上の一括査定サイトを通じて業者を選び、現物の査定に来てもらうというのが一般的な流れだといえます。



一括査定は半ば機械的であり、変動の余地が少ないですが、後者は実際に人対人のやりとり、要は、交渉術にものを言わせて買取額を上げることもできるのです。

余裕があれば、現物査定も複数社に依頼してみて、価格交渉を行うのも有効でしょう。

そろそろ車の買い換えをしたくて、今乗っている車の売却を考えていた時に、友達から車の一括査定について耳にしました。数社の買取業者から一回の申し込みで見積もりをもらえて、好条件の会社を自分で決定できるとは、せわしなく時間が作れない私にとっては、とてもピッタリです。

ぜひ一括査定を使いこなそうと思っています。

This entry was posted in 車下取り. Bookmark the permalink.