二重査定制度とは、後になって査定額を変える事ので

使用中の車の売り方について書き上げてみました。

二重査定制度とは、後になって査定額を変える事のできる制度のことなのです。
咲いて業者に依頼を申し込んだとして、査定額が出たとします。本来であれば、その金額での買取をしてもらいそれで終わりですが、後から大小問わずいろんな傷や故障箇所が発見されるケースもありますよね。

そんなケースでは、一度決定していたにもかかわらず査定額が変更されるということもありえるのです。



「自賠責保険」は自動車を所有する全ての人に加入が義務づけられています。これは、条件が整えば自動車を手放すときに還付金をもらうことが可能です。その一定の条件というのは、廃車にする場合で、自賠責保険の有効期限が一ヶ月以上残っている時です。



売りに出すときには還付の対象から外れます。
さらに言うと、保険金が戻ってくる場合にもオートマチックに口座などに入金されることはないのです。


保険会社に対して自分自身で手間をかけて手続きをしなければ一向に還付されることはないです。

数年前の出来事になりますが、車の買い替えを考えた際、より高い値段で買い取ってもらえる業者を調べていたことがあります。その当時は、情報を集める手段としてインターネットで車の査定価格をいろいろと調べた上で、車の一括買取サイトに買取を依頼しました。思っていたよりも低い買取金額の提示が多かったのですが、車の査定相場は時期によっても少し変化するようです。思い切って車の売却を決め、査定サイトなどを使って業者を決めたら、今度は、車の実物を業者に査定してもらうことになりますが、その際、揃えておくべき書類があります。


自賠責保険証明書及び、自動車検査証です。



査定の日が近づいてきてからバタバタと慌てなくていいように、自動車納税証明書など、売却の時に提出するいくつかの書類がありますから、それと共に手元に一式揃えておくといいでしょう。

これらの書類の所在がどうしてもわからない、見つからない、なくしてしまったといった場合、再発行ということになりますので、物によっては時間もかかります。


必要書類はくれぐれも早めに揃えておくようにしましょう。自家用車を手放そうと決めたら、出来るだけ綺麗に清掃してから車を売りに出すことです。この訳は2つです。



最初は自動車を丁寧に扱っていたと良い印象を査定スタッフに与えられる点です。

2番目の理由は、自動車の中にこもった臭いを軽減することが可能だからです。



ペット臭や煙草の臭いがする車は、具合がどの程度かにもよってきますが査定額に大きく影響すると考えて良いでしょう。


車の内部に汚れがこびりついていると嫌な臭いを発してしまうので、車内を隅々まで掃除してあげれば嫌な臭いを軽くする事ができるのです。車を下取りに出すときに必要な書類は、車検証となります。
万が一これがないと、下取りができません。

ちなみに、フェリーに乗るときにも必須です。


車検証は、とても大事な書類です。大事に取っておく必要があります。そして、整備記録などがあるならば、下取り価格が上がったりとします。「低年式車でも買い取ってもらえた」と言う人がいます。彼の車は海外で人気のスポーツカーなのでナルホドなあと思いました。

特定のファンがいる旧車や往年の名車なら状態次第で査定担当者も値段をつけてくれるでしょう。

一方、査定サイトで0円表示されるような車はどの業者でも同じような価格、おそらくあなたが思っているより相当低い額でしか買い取ってくれないでしょう。でも、あきらめることはありません。個人売買でなら、その車にふさわしい額で売買できることもありますし、改造部分に思わぬ付加価値がついたケースもあります。



愛好者同士のサークルやカーオークションサイトなどを回ってみてはいかがですか。


満足できる査定結果が得られ、車を売却しようという段階になったら書類をそろえる必要があります。


また、軽自動車は認印で契約できますが、普通乗用車は実印と印鑑証明書が必須といった違いがありますから、注意しなければいけません。普通車でも軽でも必要なものといえば車検証で、あとは自動車リサイクル券(預託証明書)、自賠責保険証明書、(軽)自動車税の納税証明書が必須です。

それと、契約には実印と印鑑証明書が不可欠ですが、売却するのが軽自動車のときは市販の認め印が使えるため、印鑑証明をとる必要もありません。先日、長年乗っていた愛車をついに売りました。

売るのを決めた際に取引してくれる中古車業者から、売った車がインターネットで販売される流れや売却の手続きに関する書類などの詳しい説明を受けました。
大切に乗ってきた愛着のある車なので、大事にしてくれる方に渡ればいいなと思い、こちらも真剣に話を聞きました。

中古車を取扱う業者にとって二重査定制度は都合が良いものでありますが、利用者にとってはかなり不利な制度です。
悪質業者に至ると、二重査定制度を巧みに利用して、査定額を大きく下げることもあります。二重査定制度の問題を避けるためにも、契約を結ぶ前に契約内容を明確に把握すること、大切なのは査定時に車の状態を正確に伝えることです。

This entry was posted in 車買取査定. Bookmark the permalink.