ついこの間、車の事故を起こしてしまいま

愛車を友人や知人に売却するときは、知っている人だから

ついこの間、車の事故を起こしてしまいました。事故で壊れた車をどうするかとても迷いましたが、最終的に、修理することにしました。
いくらかかるのか見積もりをもらって、買い替えるのとどちらにするか考えた結論です。
今は、代車生活を送っています。
早く修理が終わらないか待ち遠しいです。「自賠責保険」は自動車を所有する全ての人に加入が義務づけられています。
これは、一定の条件が整えば自動車を手放すときに還付金をもらうことが可能です。


ある条件とは、廃車にすることを決め、その時点で自賠責保険の有効期限が一ヶ月以上残っている状態の時です。売却するときはお金は戻って来ません。
それから、戻ってくるお金がある場合にも勝手に振り込まれるわけではないのです。

保険会社に対し自らが手続きをしてはじめて還付されます。車の査定は夜や雨の日に申し込んだ方が得策といわれることがあって、幾らか見積もりが高くなると言う説が世の中にはあるようです。
夕方からは暗くなって視界が悪くなりますし、雨や雪などが降っていればそれが邪魔になって外装の汚れや傷などが分かり難くなると言う訳で夜や雨の日に見積もりした方が良いと言われるのです。

そうは言っても、視界が良くない云々で査定額がアップするほど業者はスキルが不足しているわけではありません。それどころか、万が一見落としていた場合のことを考慮して、晴れた日中に査定する場合よりも少々査定額を抑えられてしまうこともあるでしょう。愛車を売却するにあたって、仕事で明るいうちに買取店に行くことが出来ないので、思い切って決めることができなかったのですが、手が空いた時に出来るインターネットネットの査定のことを知って、実験的に使ってみました。

車種などの基本情報をタイプするだけで、こんなに手軽に自分の車の査定額がわかるなんて、目からウロコが落ちました。早速、最も査定額が高い買取業者に出張査定を申し入れました。
この間、査定表を見て落ち込みました。

私の車はこれだけの金額なんだと気付きました。

一般人とは違って、チェックがあちらこちらに追加されていました。落ち込んでしまったので、よその買取業者も査定を頼んでみたのですが、ほぼ変わらない内容でした。車の買取査定をする場合、時期、タイミング、依頼する業者次第で数十万円の差がつきかねません。普段から車内の手入れや傷やヘコみを付けないように用心することも重要ですが、少しでも高価に買取してもらうためには、いくつかの買取業者に依頼し、その価格を比較してみることです。
車を手放す際に、車検の残り期間がほぼそのまま残った状態では、プラスの査定になると考えて良いです。しかし、残りの期間が一年以内になってくると車の評価額も目減りしていき、車検有効期間が数ヶ月しか残っていないと見積金額アップは望めなくなります。そうはいっても、見積金額を高くしようと考えて売却前に車検を通すことは無意味といって良いでしょう。


もし車検の有効期限まで2年間残っていたとしても、車検を通すためにかかった費用分を見積金額のアップで取り戻すことは困難なのです。中古車購入時に気になってしまう条件といえば、年式はもちろんのこと、走行距離になるでしょうね。通常、中古車の走行距離というのは、1年間で1万kmくらいと思われます。だから、10年乗って10万kmくらいが普通の中古車の走行距離ということになります。



車を売る時には、色々な書類が必要となります。

車検証に発行後1ヶ月以内の印鑑証明、自賠責保険証明書、自動車納税証明書などが主に必要で、ほかには実印も用意が必要です。あとはお店で記入する書類として、譲渡証明書、委任状などがあります。よほど注意して乗っていても自然に出来てしまう少々の傷やへこみ等は、多くはマイナス査定の対象にはなりませんので、気にしすぎる心配はないでしょう。
反対に、爪がかかるくらいのキズや充分に分かる程度のへこみ、それから塗装がはげていたりすれば査定時に減額されますが、査定時に減点されるのが回避するために自分で直しても自分で直した費用に見合う金額が上乗せされることはないのです。

This entry was posted in 車一括査定. Bookmark the permalink.