私の車は事故歴があります。フレームの

中古車買取会社から営業電話がたくさんかかってきて辟易

私の車は事故歴があります。

フレームの修復をしてもらったことがあるので、履歴としては修理歴有りということになります。しかし、修理跡は簡単に見ただけでは分からない箇所にあります。車の買取依頼にあたってそのことは正直に告げないといけないのでしょうか。後になってそれを理由に減額を請求されても嫌ですし、裁判沙汰になどされると一大事です。

様々なリスクが絡んでくると思うと、やはり正直に修理歴を報告した方がいいと思いました。どんなに努力したところで、査定の専門家から見れば査定対象となる車の修理歴や事故歴はわかってしまいます。隠蔽行為は単なる不誠実というよりも法的な問題に発展します。契約前ならその後の話もナシになってしまうかもしれません。そして査定で申告対象となるような車の状態を隠蔽するのは法律的には告知義務違反となり、もし発覚すれば解約返金も当たり前です。


それに契約書をよく読んでいくとこの件に触れた文章があるはずで、言い逃れはできません。丁寧に磨いて複数の会社に査定を依頼してもほとんどゼロ円査定のような状態になってしまったときは、廃車手前の車を専門に扱う業者に相談してみるのも手です。

どこの査定士からもサジを投げられた車でも、専門業者なら車としてでなく部品取りとして査定するので、買い取りが可能なのです。
面倒だから廃車にしてしまおうと思うかもしれませんが、自分で骨折りをするのに比べたらプロに任せるほうがラクですし、なにより早いです。
プロに頼む利点は、面倒な廃車手続きの代行だけでなく、手数料や処分費なしに車を引き取ってくれる点でしょう。
新車に買い換えるときは、古い車を下取りに出すか買取にだすか迷いますね。でも、ちょっともったいないと思いませんか。



下取りはラクだけど値段は言い値で、買取のほうが高くなるかもしれないですよ。



何を優先するかは本人次第ですが、車の車種や補修履歴などの状態によって、下取りより買取のほうが妥当なケースも多いと思います。

私も下取りしてもらう予定でしたが、中古車業者が近所にできたので査定を依頼したところ、「下取り、安すぎ?!」というのが正直な感想でした。

業者の方が高いなんて。

現金で即日で払ってくれるというので、その週のうちに契約を済ませ、下取りなしで車を購入。月々のローンを軽減することができました。

下取りを値引きだと思っていると損ですよね。


所有者が自分名義でない車でも手間はかかりますが売れないことはありません。まず売買契約に必要な書類のほかに、車検証に記載されている所有者の印鑑証明と、実印を押印した委任状、そしてこれも実印の押印がある譲渡証明書の三点を提出しなければなりません。



但し、亡くなった方が所有者となっている場合は、これらの書類を書いてもらうことは出来ません。このときは、売るためには名義人の移転登録をする必要があります。一般的な売却と違い、亡くなられた方名義の車というのは必要書類も多く、時間も手間も余分にかかることは覚悟しなければなりません。この間、車で事故を起こしてしまいました。
破損した車をどうするか大変悩みましたが、結局、修理することにしました。
修理にいくらかかるのか見積もりをもらって、買い替えるべきか修理するか悩んだ結果です。



修理の間は、代車生活を送っています。車が戻ってくるのが待ち遠しいです。修復したことがあるかどうかは、車の査定において大事なチェックポイントです。

車の骨格修理や交換をしたことがある場合は、非常に低い評価となります。


たとえそれがわかっているにしても、すぐにバレてしまい、隠すことは不可能なので、隠したりしないようにしてください。隠したり嘘をついたりするとできるだけ良い印象を持ってもらうためにも、嘘や隠し事はしないようにしましょう。


車の売却を勧める買取業者からの電話攻勢が激しくてストレスを感じることも多いでしょうが、多くの買取店で査定をしてもらうことは車を高額で売るためには必要なことです。

相場を知っていないと業者との交渉もできないでしょうし、査定額の相場を知るためには複数の業者に査定してもらうのが得策だからです。


今すぐに売却を希望されればお得ですよ、などの営業トークに誘惑されてその場で売ってしまうのはなるべく避けた方が無難です。
大きな交渉事は焦らないことが、高く売却する秘訣のひとつと言えるのです。車を高く買い取ってもらうには、その車を最も高く評価してくれる業者に巡り会うことです。


そのためには、車査定一括サイトを活用していくのが一番手軽です。さらに現物査定の際、減額されないよう努力に励みましょう。シートも含め車内をキレイにし、ニオイ取りもできるだけ行ってください。
買取額を上げるのは難しいですが、だめもとで挑戦するのも一考の価値はあります。

自動車税というものは、所有車に1年分の請求が来て、その認定日は毎年4月1日と定められています。


でも、車を売却する際には、税金の残っている月数分に相当する金額が見積もりに上乗せされるようになっているので、月割りで税金を払うのと同じことになるので心配無用です。



でも、自動車重量税は査定に加算されることはなく、廃車にでもしない限り還付されるようなことはありません。

しかし、還付される決まりはなくても、支払い月数分の残りを加算して査定してくれるケースもあることでしょう。この点に関しては自動車買取会社と交渉することでプラス査定に持っていける可能性があります。

This entry was posted in 車買取査定. Bookmark the permalink.